面白い音楽プレイヤー

「レコード」「カセットテープ」「MD」「CD」等いろいろなメディアが出ては消えていきました。でも昨今デジタル化が進んできてるがゆえに古いメディアを見直し、「ノスタルジックな音の雰囲気」を楽しむ人が多くなってきました。そのなかで今回は「ノスタルジックな音の雰囲気」を楽しむのはもちろんのこと、「インテリア」としてや「見ても楽しい」プレイヤーやスピーカーを中心に特集として紹介していきます。それではどうぞ最後までお付き合いください。

今回は少しアナログなものを再生できるプレイヤーを中心にあつめました

 

Music Teacup

「ティータイムのひと時を良い音楽とともに」というようなCDプレイヤーです。ティーカップを回すと音量が変わるという仕組みできっちり音もなりますが、なぜこの二つを合体させたのかイマイチ理解できなかったりします。。。

Music Teacup商品詳細

(商品名)Music Teacup
(URL)http://news.softpedia.com/news/The-Musical-Teacup-Brews-and-Music-in-a-Single-Gadget-96433.shtml

 

ELBOW

カセットテープの再生機能だけに特化しテープに直接とりつけるだけにした画期的なデザイン。アナログ具合がある意味かなりかっこいいです。ただ、テープの再生に特化しているだけにカセットテープをどこで入手するか、、、カセットテープにどう録音して使うかはかなり悩みどころではあります。

ELBOW商品詳細

(商品名)ELBOW
(URL)http://elbow.co.nf/

※現在開発中

 

レコードランナー

レコードの上を「針を積んだ車」が自走し再生してくれる画期的なシステム。見ていても楽しいです。個人的にはすぐほしいレベルだったりしますが、生産がそもそもすくないのかもしれませんがどこいってもなかなかうってません。

レコードランナー商品詳細

(商品名)レコードランナー
(URL)http://recordrunner.jp/

(仕様)(仕様)商品パッケージの寸法 11.5 x 6 x 6.3 cm ; 118 g発送重量 159 gメーカー型番 RR-15PRPL

 

BeoSound 9000

もう生産しておらず入手が難しいですが、かなりおしゃれでみてても面白い6連プレイヤーです。CDを6枚並べてジュークボックスのように再生していってくれます。

BeoSound 9000商品詳細

(商品名)BeoSound 9000
(URL)http://designkaden.com/av/audio/bang_and_olfsen_beosound_9000.php

(仕様)
■寸法:90cmx7cmx30cm
■重量:11.5kg
■消費電力:通常12W
■デザイナー:デビッドルイス

 

Bower&Wilkins (B&W) Zeppelin

黒いラグビーボールのような形をしたスピーカーシステム。小さい家では邪魔かもしれませんが、普通の家でしたら存在感は抜群ですがかなりオシャレに使えるかと思います。「アイポット用」というのは気になりますがある程度いろんなプレイヤーをつなげる方法があるのであれば是非とも買いたいものです。

Zeppelin商品詳細

(商品名)Bower&Wilkins (B&W) Zeppelin
(URL)http://www.bowers-wilkins.jp/

(仕様)■サイズ:198x640x208mm(仕様)■サイズ:198x640x208mm■質量:7.5kg■周波数レンジ 47Hz – 22kHz -6dB■ドライブ ユニット□1×125mm(バス)□2× 90mm(ミッドレンジ)□2× 25mm(メタルドームトゥイーター) ■アンプ出力 □1×50W(バス)□2×25W(ミッドレンジ/トィーター)

 

まとめ

昔懐かしのメディア「CD」「レコード」「カセットテープ」。もうなかなか聞けないものも多いかと思います。昔のそんなアナログなメディアも楽しめるプレイヤーは結構いまだに人気があり、最近でも新規に昔のメディアを再生するためのプレイヤーが少なからず発売されているようです。今回は本当に少しだけでしたが次回は「映像系のプレイヤー」も含めて懐かしのメディアを再生できるプレイヤーを紹介していければと思います。最後までありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*