今しっとくべき!楽しいスマホVRの世界

ここ最近また盛り上がってきている「VR」。高機能なものではなくてもいいというのであれば「激安」のスマートフォンを設置して使える「スマートフォンVR」を利用することもできます。今回はこの「スマートフォンVR」を簡単に始められるように「スマートフォン用のVRスコープ」をいくつかとりあげるとともに「おすすめのコンテンツ」も紹介していければと思っております。それでは最後までお付き合いお願いいたします。それではどうぞ。

 

VRを楽しむには

用意するモノ

1.スマートフォン装着型のゴーグルを購入する。
2.スマートフォン用のVR動画をダウンロードする。

この二つだけで気軽に遊べます。

正直な話としてはそこまで「高いのも安いのも大きな差がでるわけではなく」、ひとによっては「分厚い画用紙」で工作して作っている方も見受けられます。

ただ、どうせ遊ぶならそこまで大きく値段に差がないためきちんとしたゴーグルを選びましょう。

 

おすすめVRゴーグル

「Linkcool Google Cardboard」価格:900円

https://goo.gl/gscuFi

Googleから発売されている「自作型」のVRゴーグルになります。「段ボール製」ですがきちんとできていて、「没入感」はイマイチかもしれませんが、ある程度楽しめるので初めて使うにはいいかと思います。

(仕様)
スマホでお手軽に3DVRを楽しむための3Dゴーグルです。
デザインは簡単な組み立て式で、ベルト付きです。
総重量:約200g。素材のダンボールは普通より厚いです。
3.5~5インチ以内のスマホに対応、対応アプリ:Google Cardboardアプリなど

 

「VOX gear+ 3DVR ゴーグル 3Dメガネ HMD」価格:2000円

https://goo.gl/vHdzKk

低価格のわりにかなり臨場感が味わえるVRゴーグルになります。レビュー評価も高く入門するには申し分ないと思います。

(仕様)
対応機種
iPhone 6s/6 Plus/6/5S/5C,iphone 7/7plus, Samsung Galaxy,Sony, Sharp,Fujitsu,Xperia, Sanyo,Nec, Kyocera,Panasonic, Toshiba,Casio, Hitashi,Acer, LG,Philips,Nikon, Anker,JVC,Omaker, Vox vr wild uカナル型イヤホン

 

「LuxebellR 3D VRメガネ」価格:1300円

https://goo.gl/wRVBwR

没入感をかなり味わえるのにこの値段。重さもそこまで重くはないため、首も痛くなりにくく、じっくり楽しめます。

 

(仕様)
[1]3.5 ~ 6.0インチの スマートフォン対応
[2]焦点距離と視界距離を調整できるので様々な人に使用していただけます。
[3]保護マットと調整可能なボードがしっかりとスマートフォンを固定します。

 

「Canbor VRゴーグル」価格:3400円

https://goo.gl/ax4eD5

他の低価格のものよりもほんの少し高いですが、「臨場感」「没入感」が半端なくいいです。標準機として使えるのでちょっと高くても一番コストパフォーマンスがいいと思います。

(仕様)
仕様
カラー:黒
外寸:192mm*162mm*122mm
重量:305g (VRグラスのみの場合)
スクリーン解像度: 720P~1080P
視角(FOV):102度
適合機種:4?6インチのスマートフォン IOS/Android
使用可能機種:iPhone 6S 6 SE 5S 5 サムソンGalaxy S7/S6 Edge S7 S6 S5 S4 Note 5 4
LG G3/SONY Experia T2 Ultra/Xperia Z3+/Nexus 6P/HTC One Max/One M9/ASUS Zenfone 2 マイクロソフト& PC phones シリーズ、その他。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「VRゴーグル」の選び方だけ紹介させていただきました。次回は「VRコンテンツの選び方と楽しみ方」を中心に書かせていただきます。今回「段ボール系」の自作のものも紹介させていただきましたが、個人的には一部の超高額のものを除けば3000円~4000円くらいで「標準的なゴーグル」が購入できるのでお試しとして買わず、そのまま使い続けられるレベルのVRゴーグルの購入をおすすめします。それでは今度は「VRコンテンツの選び方と楽しみ方」でお会いしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*