家でひとりになりたいときのグッズ

「いえでゆっくりくつろぎたい」、「集中して仕事や勉強がしたい」、「ひとりの時間が欲しい」でも「こどもやよめがうるさくてイライラする」そんなときに役立つ、ひとりに簡単になれるグッズを今回は紹介していけたらと思います。最初は違和感があるかもしれませんが、使ううちに徐々に「快感」を覚えはじめ、さいごには手放せなくなるグッズもあるかもしれません。わたしも「ぼっちテント」についてはそうでした。。。それではおたのしみください。

今回は家族や職場でひとがいっぱいいるところでひとりになれる空間を簡単につくれる「囲い」系のグッズを紹介していきます。
個人的には職場でも一人空間をつくってましたが家庭用ですかね。。。

 

家でひとりになりたい囲いシリーズ

「The Pause Pod」

家族がいるところでも職場でもひとりになりたいとき、眠りたいとき、ゆっくりひとりの空間を作れるテントです。

価格20000円程度

https://www.rakunew.com/items/77920

 

「Nutshell」

どこで販売されているか見つからないため価格も仕様も不明ですが個人的にこれを使ったら終わりだなと(笑)思ってしまう一人スペーステントです。このテントはマントのような形状で前に引き出していくとドーム状に広がり一人の空間が簡単に作れるというものです。上の「The Pause Pod」はある意味「いさぎいい感じ」がしますが結構写真で見る限り周りからひいてしまう見た目です。まあ、どちらでもかわらないといえばかわりませんが。

http://jin115.com/archives/52063326.html

 

「cocoon1」

価格は高いですが正直一番欲しいです。なんとキッチン、水道、Wifiまで完備されており外に持ち出しも可能。しかも中身も自由に取り外しができるのでいろいろとレイアウトもたのしめます。他の紹介するグッズとは違い、一人になるといってもなんとなく「勝ち組」のオシャレな一人空間が作れます。

価格30万円程度

http://entermeus.com/49902/

 

「ぼっちテント」

個人的に昔買って会社で使ってました。最初は周りのひとから嫌がられましたがかなり快適な大きさで当時使っていた「L字型デスク」にはぴったりでした。天井をあけることもしめることも可能な上に小さな小窓もついていてとなりのひとと用事があるときは小窓をあけて話してました。かなり周りからは変なやつと思われてたかもしれませんが、昼寝にも仕事にもかなり集中でき、一度会社移転のときに捨ててしまいましたが再度ほしい今日この頃です。値段も安いですし最もコストパフォーマンスが高いです。

価格3000円~6000円程度

https://goo.gl/JwZUEX

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?家族がいっぱいいる家ではなかなか邪魔されない自分の空間って作りにくいかと思います。今回はそんなあなたでも簡単に「自分の部屋」を作れ、「集中」できる「仕事部屋」や「趣味部屋」、「勉強部屋」が作れればと思ってグッズを紹介しました。また、大人じゃなくても例えば大家族や小さい子がいてきちんと勉強部屋が獲得できない「受験生」などの学生さんでもかなり集中するのに役立つと思います。次回は「徹底的にひとりにひたれるグッズ」を紹介していきたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*