なんかいいトイデジタルカメラ特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「なんかかわいい」「なんかおしゃれ」なトイカメラ。画素数は「100万画素~300万画素」くらいとちいさいですがその分「ノスタルジックな写真」や「いい感じの雰囲気」をだせるカメラがいっぱいあります。今回はそのようなトイカメラのなかからいろいろな観点からたのしめる「トイカメラ」をいろいろと紹介していこうと思っております。また、その中であなたに合う逸品をさがしてみてください。それでは最後までお付き合いください。それではどうぞ。

それではすぐにかいたくなるようなトイカメラをご紹介していきましょう

 

デジタルハリネズミ

300万画素しかありませんが、その粗さが独特のよさと認識され、いろいろなアーティストにも使われてます。

デジタルハリネズミ商品詳細

(URL)http://www.superheadz.com/digitalharinezumi/

(仕様)
有効画素数:300万画素、ISO感度:100 & 800、レンズ:f=4.0mm(35mmフィルム換算;35mm),F=3.0
露出:オート、 フォーカス2種 ノーマル:約1m~∞、マクロ:約3~4cm、 音声録音機能(動画記録時)、 フラッシュ:なし
フレームレート変更可能: 30FPS:通常モード 8FPS:8ミリライクなカクカクモード 1FPS:コマ録り撮影のようなモード
記録メディア:Micro SDカード(2GBまで対応)、Micro SDHCカード(16GBまで対応)

 

GIZMON HALF D 10027

200万画素しかないですが、前述と同じでボケ具合とかが好きな人が使う前提です。また、フォルム的に懐かしい感じのフォルムでなんかもってるだけでおしゃれです。

GIZMON HALF D 10027商品詳細

(URL)http://gizmon.com/ja/gizmon-halfd/

(仕様)
[本体] サイズ:64×40×16mm
重さ:35g(本体のみ)
付属品:GIZMON HALF D 本体/取扱説明書/USB ACアダプター(5v 500mA)

 

HOLGA DIGITAL

「キングオブトイカメラ」として有名な「ホルガ」のトイカメラ。その見た目のかわいさとアクセサリーの多さは抜群です。フラッシュまでつけると本当にいっぱしのカメラになりますが、すごく単純な作りのカメラのためかなり良い風合いに仕上がります。

HOLGA DIGITAL商品詳細

(URL)https://goo.gl/UTBGAt

(仕様)
画像比率:4:3または1:1
絞り値:F2.8またはF8.0
フォーカス最短距離:最大1.5m
シャッター:Bまたはスピード1/60秒
ホットシュー:有
ヴューファインダー:有
USBポート:マイクロUSB

 

BONZART AMPEL ボンザート アンペル 二眼レフ風

トイカメラとしては珍しい「二眼レフ」。ただ残念ながら二眼レフ風ではありますが、かなり他のトイカメラに比べて目をひきやすいモデルです。

BONZART AMPEL二眼レフ風商品詳細

(URL)https://goo.gl/PjaAKw

(仕様)(仕様)有効画素数 500画面サイズ 2 インチ可動式液晶 いいえズーム倍率 (デジタル含む) 4ファインダー付き はいレンズ構成 F2.8 f=9mm 0.5m~∞手ブレ補正 無付属品 カメラ USBケーブル ストラップ 説明書 保証書記憶メディア SDHCカード撮影機能 ノーマル動画。ミニチュア動画, ノーマル写真撮影 ミニチュア写真撮影, スタンダード撮影。VIVID撮影。白黒撮影。SEPIA撮影。青みががり爽やかなREFRESHING撮影。カラー ブラック商品素材 プラスチック

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?「トイカメラ」でおしゃれに遊びながらノスタルジックなカメラをとって「今の高性能カメラ」や「スマートフォン」とは違う世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?また、子供がいらっしゃる家庭でしたら一番安いものなら1000円くらいから遊べるカメラもありますので「こどもたちの教育」も含めて遊びの中で芸術センスもたかめていくのもいいかもしれません。再度「トイカメラ」の可能性を考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*