MacでUSキーボードをおすすめする3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleが製造・販売を手がけるMac PCシリーズ。

これらの特徴としては高いモバイル性能(持ち運びやすさ)、スタイリッシュなデザイン、優秀なトラックパッドなど様々な点がありますが、キーボードにまで注意を払う人は果たしてどれほどいるでしょうか。

Mac PCでは日本語キーボードとUSキーボード、その他言語のキーボードを選択できますが、実はUSキーボードが圧倒的におすすめなのです。

日本人が日本で使うPCなのにどうしてUSキーボードを使うのか不思議に感じる人もいることでしょう。

ここではUSキーボードを使うことによるメリットをご紹介します。

 

JISキーボードとUSキーボードの違い

日本国内で流通しているほとんどのキーボードはJIS規格(日本語仕様)です。

キーボードを見るとアルファベットと平仮名が一緒にプリントされていることがわかりますが、これがいわゆるJIS規格です。

一方のUS規格は平仮名プリントがなく、全体的にスッキリした見た目をしています。

A〜Z、1〜0などの基本的なキーの位置に違いはありませんが、EnterキーやBackspace(Delete)、スペースバーの大きさなど細かい所でデザインが異なっているのです。

キーボード(Wiki)

 

Mac PCでUSキーボードを使うメリット

ではMac PCにおいて日本人にとって馴染みの薄いUSキーボードを使ったほうがいい理由は何なのでしょうか。

ここでは実体験を元にそのメリットをご紹介します。

メリット1:Commandキーが打ちやすい

Mac PCはCommandキーがあり、CommandとX(切り取り)、CommandとC(コピー)、CommandとV(貼り付け)などWindowsでいうところのControlキーと同じ役割をします。

JISキーボードの場合このCommandキーはホームポジションに手を置いた時に薬指と小指の間から真下に指を移動させた場所にあります。

一方のUSキーボードの場合、Commandキーはホームポジションに手を置いた時ちょうど親指を曲げた位置にあります。

切り取り、コピー、貼り付けのショートカットは日頃の作業で頻繁に使うと思いますが、この時USキーボードのように親指を曲げた位置にCommandがあると非常にスムースに打鍵できます。

ちょっと指の位置を変えるだけのことじゃないの?と感じる人もいるかもしれませんが、プログラマーや文章を大量に書く人の場合、ごくわずかな指の移動さえも煩わしく感じるものです。

テンポよく打鍵している時はリズムを崩されたくなく、USキーボードのCommand位置のように無駄な労力をかけることなくショートカットキーを打鍵できるのは大きなメリットです。

 

メリット2:スタイリッシュなデザイン

JISキーボードとUSキーボードの違いでも触れたように、USキーボードは平仮名がプリントされていないためキー全体を見た時に非常にスッキリしたシンプルな印象を受けます。

このクールなデザインがMac PCにピッタリマッチするのです。

無駄を極限まで削ぎ落として洗練されたMac PCのボディは他のPCの追随を許さない美しさがあります。

JISキーボードでも十分にキレイではありますが、これがUSキーボードになった途端、今までのMac PCが覚醒するのです。

優れた機能美に加え優れた効率性、まさに完璧とはMac PC with USキーボードのためにある言葉ともいえるでしょう。

 

メリット3:deleteキー

JISキーボードとUSキーボードでは細かなデザインが異なっているとご紹介しましたが、その1つにdeleteキーの大きさの違いがあります。

 

*注意*

Windowsでdeleteキーというと右側の1文字を消す機能が頭に浮かびますが、Macでは左側の1文字を消します。要するにBackspaceと同じ役割を果たし、Backspaceと同じ位置に配置されています。

 

Mac JISキーボードとMac USキーボードを見比べると、USのdeleteキーはJISのものに対して大きく作られていることがわかります。

大きさにしてわずかキー半分程度の違いしかありませんが、実はこの違いによりホームポジションから右手小指を伸ばした時にポジションを崩さずdeleteキーにギリギリで届くという効果を生みだしています。

これもCommandキーの位置でご紹介した『たったそれだけの違い』に含まれるかもしれませんが、効率的なタイピングを考え時にホームポジションを崩さず打ち続けることができるのは非常に大きなポイント。

手の無駄な移動を抑えることで生産性の向上だけでなく疲労感の低減にも繋がります。

キー半分程度の小さな違いが大きな効率性を生みだしているのです。

(人によって手の大きさが異なるため一概にそうとはいえない可能性もあります)

USキーボードを手に入れるためには

Appleストア店舗ではUSキーボードの展示がほとんどありません(銀座店、表参道店などの大きな店舗であれば少数ながらUSキーボードの実機に触れることができます)。

実はMac PCでUSキーボード版を手に入れるためにはAppleのサイトからネット注文する必要があるのです。

Appleホームページ

 

ユーザーの好みに合わせてCPUやSSD容量、メモリなどをカスタマイズできるようになっており、その中でキーボードの規格も選択できます。これをCTO( Configure to Order:受注仕様生産)と呼びます。

逆に言うとCTOでのみUSキーボード版を手に入れることができ、店舗で販売されているのはJISキーボード版のみなのです。

CTOを選択すると自分好みのMac PCにカスタマイズすることができますが、デメリットととして納期が2週間ほど延びてしまいます(時期によって変動あり)。

今すぐUSキーボード版のMac PCが欲しい人は中古として電器屋などに並んでいるモデルを根気よく探すかネットオークションを利用する手がありますが、USキーボードモデルは人気が高いため市場に出回っている数は極端に少なくなります。

根気よく中古モデルを狙うか、多少時間はかかっても自分好みのモデルをCTOで注文するか、いずれにしても我慢が必要になるケースが想定されます。

 

まとめ

予めお断りしておきますが、JISキーボードが決して悪いわけではありません。

JISキーボードは日本語を打つために最適なポジションでレイアウトされているため、人によってはJISキーボードのほうが効率的に使えるでしょうし、今までJISに慣れていた人がいきなりUSに切り替えることは生産性の低下を招く恐れもあります。

しかし長い目で見た時に作業効率を考えるとどうしてもUSキーボード一択になってしまうのです。

また、Mac PC好きな人であれば殆どの人が共感するであろうスタイリッシュさはUSキーボードが断トツです。

見た目にもこだわりたい人にとってUSキーボードは必須オプションといえるかもしれません。

ぜひUSキーボードに実際に触れ、その使いやすさを体感してください。きっとUSキーボードの虜になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*