Macのトラックパッドがおすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Macbook Air やMacbook Pro, MacbookはAppleが販売するスタイリッシュなノートパソコンです。

見た目のクールなデザインもさることながら、オーナーを心から満足させてくれるAppleブランドの技術の粋が詰まった作品ともいえます。

そんなMacノートパソコンシリーズですが、薄くて軽量なボディに加えてこれらを語る上で絶対に外すことのできない大きな特徴があります。

それは『トラックパッド』。

そう、キーボードの下側に位置している指でカーソルを操作したりタップしてクリックするスペースのことですね。

MacノートパソコンシリーズがWindows PCと一線を画しているのは実はこのあまりにも優秀すぎるトラックパッドにあるといっても過言ではありません。

 

いったいMacノートパソコンシリーズのトラックパッドの何がそこまで魅力的なのか、またどういう使い方をするとより効率的なMacノートパソコンシリーズを使うことができるのか、今回はその基本からおすすめの使い方までご紹介します。

 

Macのトラックパッド

Appleが世に送り出した最高傑作ともいえるトラックパッドは指を滑らせることでのカーソルの移動やタップ機能はもちろんのこととして、2本指、3本指、4本指を使ったマルチジェスチャーにも対応し、さらに最近はトラックパッドを押し込む強さによっても新しい機能を使うことができたりと、とにかくどんな操作もトラックパッドを通して済ますことができ、まさにマウスいらず。

トラックパッドで操作することを考えると、なかなか思い通りに動いてくれないカーソルや細かな操作にイライラさせられるイメージを持っていませんか?

それはおそらくAppleのトラックパッド以外を使っているために感じる不満ではないでしょうか。

一度でもMacノートパソコンシリーズのトラックパッドを店頭で触れて操作してみてください。

その使いやすさにきっと驚きを隠せないはずです。

 

トラックパッドを使ってできること

ではMacノートパソコンシリーズの優秀なトラックパッドを使って一体どういうことができるのでしょうか。

ここでは基本的な性能に絞ってご紹介します。

カーソルの移動

基本的なカーソル移動。トラックパッド上で指を滑らせるとその通りにカーソルが移動します。設定でカーソルが動く速度も変更可能。

タップ

タップするとマウスの左クリックと同じ機能が働きます。2本指でタップするとマウスの右クリックと同じ機能が働きます。

タップするか、それともトラックパッドを軽く押し込む必要があるかは設定から変更可能。

2本指で画面のスクロール

Webページなど縦に長いものを閲覧する時に2本指を上下に滑らせることでページのスクロールが可能。スクロールの向きは設定で変更可能。

ピンチアウトとピンチイン

拡大して見たい時に2本の指をピンチアウト(つまんで広げるようなジェスチャー)をすると対象物が大きく拡大して表示されます。ピンチイン(外から内側に向けてつまむジェスチャー)をすると対象物は小さく縮小して表示されます。

スマートズーム

ピンチインして拡大するのが面倒な時、2本指でダブルタップすると対象物が一気に最大限まで拡大します。更にもう一度2本指でダブルタップすると元の大きさに戻ります。

2本指で回転

トラックパッドに指を2本置き、その状態で指を回転させると対象物の向きがその方向に回転します。これは画像や写真を表示させた時に見た目が90度横になっている時などにサッと使える便利な機能です。

ページ間を移動できる

2本指で左から右にスワイプすると開いているWebページの1つ前のページに戻すことができます。右から左にスワイプすると次のページに進むことができます。

4本指を左右にスワイプしてデスクトップの切り替え

Macではデスクトップを何枚も同時に起動させることができます。これを利用するとフル画面でブラウザやアプリを起動してスペースを広く使うことができますが、4本指で左右にスワイプすることで各デスクトップ間を切り替えて行き来することができます。

通知センターを表示

2本指でトラックパッド右端から左にスワイプすると通知画面を開くことができます。

4本指で上にスワイプ

4本指で上にスワイプするとMission Control(ミッションコントロール)という画面が開きます。ここでデスクトップの数を増やしたりデスクトップ間で表示させるアプリの入れ替えをすることができます。

さらに現在開いているアプリの一覧も表示されるため、作業スペースがゴチャゴチャと煩雑になってきたと感じた時にMission Controlを開いて整理するようにしましょう。

3本指で下にスワイプ

3本指で下にスワイプするとアプリケーションExposeという機能が働きます。

これは現在開いているアプリを一覧で表示する機能ですが、さきほどのMission Controlに似た機能です。

これらの違いは、アプリケーションExposeは同じアプリで複数のウィンドウを開いているとアプリ単位でまとめて表示してくれるのに対し、Mission Controlではアプリ毎にまとまらず、開いている全てのウィンドウが表示されてしまいます。

親指と3本指をピンチイン

親指、その他3本の指の合計4本指でピンチインするとインストールしているアプリ一覧が表示されます。

わざわざアプリケーションフォルダを開く必要がないためこの機能は便利です。

親指と3本指をピンチアウト

親指、その他3本の指の合計4本指でピンチアウトすると一気にデスクトップを開くことができます。

ウィンドウに隠れて見えなくなったアイコンを探す時に重宝する機能です。

 

なおAppleの公式サイトには図解で詳しいジェスチャーが紹介されているのでそちらを御覧ください。

Apple Mac で Multi-Touch ジェスチャを使う

 

滑らかな移動がトラックパッドの特徴

ただ今紹介したような機能の全ては、Macノートパソコンのトラックパッドでサクサク切り替えることができます。

もたつく動きなど一切なく、指の動きに合わせて自分の意思と思い通りにMacをコントロールすることができ、慣れてくるとマウス操作よりも快適に早く操作できるようになります。

 

病みつきになる快適さを手に入れよう

Macノートパソコンを推奨し続ける理由が実はこのトラックパッドの存在だという人も少なくありません。それほどまでに快適な操作性を誇り、マウスさえもいらないと思わせてくれるAppleのトラックパッドをぜひ1度は体感してみることをおすすめします。

マウスを使わずトラックパッドとキーボードだけで全ての処理を済ませられるようになると、ごく限られたスペースのみで指と腕を使うことになり、作業効率が格段にアップします。

きっとあなたの知らない今までとは違う新しい世界が広がることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*