MacBook Pro搭載のTouch Barは便利!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在発売されているMacBook ProにはTouch Bar付きのモデルがあります。

今までのファンクションキーの部分に横長のタッチスクリーンが搭載され、なんだか未来的な感じがしますよね。

しかし実際のところどう使うんだろう?どう役立つんだろう?と疑問に思う人も多いと思います。

 

ここではそんなMacBook ProのTouch Barについて、便利なポイントや使い方を紹介していきたいと思います。

気になった方は実際に店頭に行って触ってみるのもいいと思いますよ。

 

MacBook Proのタッチバーモデルが登場

2016年に発売された新型MacBook ProにはTouchバー付きのモデルが登場しました。

 

Touch Barとは、名前の通りキーボードの上部にあるタッチスクリーンのバーのことです。以前までのMacBookにはキーボードの上部にファンクションキーがありましたが、Touch Barモデルではそれが廃止され、代わりにTouch Barが付いています。

 

タッチやスワイプで簡単に操作できるので、より感覚的にPCを使用できるようになりました。

 

今回は、そんなMacBook Proに搭載されたTouch Barの便利な使い方について紹介していきたいと思います。

 

Touch Barは何ができる?

Touch Barの右側には、以前のファンクションキーが表示されるようになっています。

タッチやスワイプすることで、画面の明るさや音量を変更することができます。

 

ちなみにescキーもTouch Barにありますよ。

Touch IDが搭載

Touch Barのすぐ右隣には、Touch IDも搭載されました。現在のiPhoneに使われているものと変わらない性能を発揮します。

 

使える場面は様々です。今までパスワードの入力をしていた場面が指紋認証で済んでしまったり、Apple Payの支払いもTouch IDを使ってMacBookで簡単にできてしまいます。

 

iPhoneと同じようにMacBookのロックを解除するのにも使えます。解除は一瞬触ればOKなので、パスワードを打つよりも断然速いです。

 

便利になったのに加えセキュリティも高くなり、とてもいい機能が追加されたのではないでしょうか。

 

絵文字も表示される

絵文字入力ではTouch Barに絵文字がずらりと並べられます。横にスワイプすることで様々な絵文字から探すことができます。

MacBookでもiPhoneと同じように絵文字を使うことができますよ。

 

アプリの使用がより便利になる使い方

Touch Bar対応アプリであれば、Touch Barを駆使してとても便利にアプリを使うことができます。

 

基本的にMacの標準アプリはTouch Barに対応しています。サードパーティのアプリも徐々に対応しているものが増えてきました。

 

今回は、標準アプリをメインとしていくつか使い方を紹介していきます。

Finderが便利に

誰もがよく使うFinderも便利に使えます。

 

デフォルトの設定であれば、Finderを開くと、戻る/進むボタンや新規ウィンドウ/新規タブボタン、新規フォルダ作成ボタン、削除ボタンなどが表示されます。

 

意外にこれが便利で、ショートカットキーよりも素早く使えて作業が捗ります。ワンタッチでツールが使用できるのが良いですよね。

 

Safariはタブも表示される

Safariでは、戻る進むボタンに検索マークや新規タブ作成ボタンが表示されます。また、中央に開いているタブのサムネイルも表示してくれます。

これで、見るだけで他のタブで何を開いているかが分かりますし、タッチすればすぐにそのタブが表示されます。

 

新規タブを開くと、お気に入りのサイトやよく使うサイトがTouch Barに表示されます。

 

このように様々なページへの移動を素早く行えたりしてとても便利なんです。

 

ちなみに、Google Chromeも対応したようですよ。

 

写真の編集もやりやすくなる

ライブラリの写真全体を表示している時は、Touch Barに写真がいくつも表示され、スライダーを動かすことで素早く写真をチェックすることができます。

 

写真の回転ボタンもあるので、表示が横になってしまっている写真も一瞬で直せます。

 

また、写真の編集の時にもTouch Barが活躍します。

 

編集画面では、ライト、カラー、白黒の項目が表示され、タッチバーを使ってそれぞれ調節することが可能です。

 

フィルタタブでは、それぞれのフィルタをかけたプレビューがTouch Barにも表示されます。

 

また、ブラシの太さの変更など、わざわざトラックパッドでスライドさせてやらなければならなかった細かい所へのアクセスが便利になっています。

 

サードパーティのアプリも対応しつつある

Microsoft OfficeやAdobeのPhotoshopなどもTouch Barに対応してきています

 

Wordでは文字の装飾などのツールボタンが表示されてるので、ワンタッチで感覚的にアクセスできます。

 

最近ではAdobeのPhoto Shopも対応したようで、レイヤーのプロパティやブラシ、お気に入りなどのボタンがメインとして表示されます。

 

写真アプリと同じように、Touch Barをスライドさせることで、ブラシの太さや色などを調整できます。

 

Touch Barは自分の好みにカスタマイズできる

タッチバーはデフォルトの表示からカスタマイズして自分の好みの表示にすることができます。

 

カスタマイズのやり方を記載します。

 

まず、アップルメニューから「システム環境設定」を開きます。「キーボード」をクリックし、「Control Stripをカスタマイズ」をクリックしてください。

 

ここで、ドラッグ&ドロップでカスタマイズができます。

 

まとめ

MacBook Proに搭載されているTouch Barは様々なアプリでツールに素早くアクセスできます。

Mac標準のアプリは対応済みなので、FinderやSafariなどいつもよく使うアプリがより便利になります。

 

さらに、サードパーティのアプリもTouch Barに対応し始めているので、まだ対応していないというものでも今後のアップデートに期待ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*