iPhoneにおすすめな充電ケーブルを紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Appleが製造・販売するiPhoneは根強いファンが多いことで知られています。

2007年に初登場したiPhoneはまたたく間に世界中に広がり、10年が経過した今でも新しい商品を出して常に我々を魅了するiPhone。

 

そんなiPhoneを使い倒すためには出先で1つあったら安心なモバイルバッテリーに加え、バッテリーとiPhone本体を接続するためのケーブルが必要です。

 

実は多くの人はバッテリーの容量や性能には気を払いますが、ケーブルの重要性にまで気付いている人はいったいどれほどいるでしょうか?

そこで今回は携帯に便利なケーブルや独特の形をしたもの、他のケーブルにはない特別な機能のあるケーブルなど色々なオススメ品を紹介たいと思います。

(ここではLightningケーブルを例にとって話をすすめます)

 

iPhoneケーブルの種類

ひとくちにiPhoneケーブルといっても実は色々な種類が用意されています。

・Apple純正品

・MFi認証取得製品

・MFi非認証製品

Apple純正品

Apple純正品とはその名の通りAppleが製造・販売する純正のケーブルのこと。

Apple製品のために作られているため、コネクタの形状さえ合えば基本的にどの端末でも使うことができます。

純正品は確かな品質が保証される一方、お値段が高めという特徴もあります。

しかし特別な断線防止の処理が施されているわけでもないため、使い方によっては接続端子付近から皮膜が破れてしまうことも報告されています。

 

MFi認証取得製品

サードパーティ製でもいいので出来るだけ値段を抑えたい人は、ぜひMFi認証取得済みのケーブルを買うことをおすすめします。

MFiとは Made for iPhone/iPad/iPodの略のこと。つまりそれらApple製品に安心して使うことができるというAppleのお墨付き製品のことを指します。

Apple純正品よりかは安く、しかも品質も保証付きというまさに至れり尽くせりなケーブルです。

MFi非認証製品

何がなんでも費用もゼロに近づけたい!という人はMFi非認証製品を選ぶという選択肢もありますが、基本的にこれはおすすめできません。

MFi認証がないというということはAppleによって認められていない製品ということ。

そのようなケーブルは1本100円以下という超激安価格で販売されていることもあります。

数回は充電できたとしても品質の悪いケーブルを使っていたがために充電できなくなったとか、すぐに断線してしまった、充電そのものが認識しなくなったなど、ありとあらゆる不具合が想定されます。

 

ケーブルが使えなくなるだけならまだしも、最悪の場合Apple製品そのものに悪影響が出て修理対応が必要になってしまうケースも想定されるため、あまりにも値段が安すぎるケーブルに安易に手を出すのは避けたほうが無難です。

iPhoneケーブルの選び方

先程紹介したケーブルの種類を踏まえた上で、一体どんな基準でケーブルを選ぶといいのでしょうか。

 

断線に強いケーブルを選ぶ

iPhoneケーブルでよく聞かれるトラブルは断線です。

同じケーブルを使っていて端子のすぐ近くなど特に力が入りやすい場所は断線しやすい箇所と言われています。

そのためケーブルの外側を丈夫なナイロン素材でコーティングしたものがオススメ。

デメリットとしては、そのようなケーブルは折りたたむとどうしても全体がかさばってしまうこと。

そのため必要なケーブルの長さは慎重に選ぶことをオススメします。

 

用途に合わせた長さのケーブルを選ぶ

外で使うのがメインであれば基本的にモバイルバッテリーやカフェの電源での使用が想定されます。

そのため2mも3mもあるような長いケーブルだと完全にオーバースペックです。

そうであれば外に持ち出すケーブルは50cm程度の短めにするなど、使い方に応じてケーブルを用意すればカバンの中身もスッキリ整理でき、いつでもサッと使えて便利ですね。

 

大きなアンペアに耐えられるものを選ぶ

iPadのように大きなデバイスはバッテリー容量が大きいため充電も時間がかかってしまう傾向があります。

そんな時でもモバイルバッテリーが2.4Aなどの高出力充電ができれば充電時間の短縮が期待できます。

ところがケーブルも同時に2.4Aのように高出力に対応している必要があることご存知でしたか?

 

いくら高性能なバッテリーを用意したとしても、バッテリーとiPhoneを接続する肝心のケーブルが非力だと充電時間に相当な差が出てしまいます。

そうならないためにも念のためケーブルのスペックは事前に確認するクセをつけておきましょう。

 

差し込みのヘッドの大きさに注意する

ケーブルの接続端子(iPhone側)のヘッドの大きさはよく見ておく必要があります。

最近はiPhoneに保護ケースを付けて使う人が増えていますが、ヘッドの大きさによってはケースに干渉して刺さらないこともあります。そうならないためにも、最初からコンパクトサイズのヘッドを持ったケーブルを選んでおけばいいでしょう。

 

おすすめのiPhoneケーブル

これらのことを踏まえた上でおすすめするiPhoneケーブルはこちらの2種類です。数は少ないかもしれませんが、どちらも性能はしっかり保証されている良質なiPhoneケーブルです。

Snugg社のLightningケーブル

分厚いナイロン素材のケーブルに加え、仮に故障したとしても一生涯に渡り保証を約束しているなど、とにかく品質に自信をもったケーブルです。

長さは1mという持ち運びにも家で使うにもちょうどいい長さ。もちろんAppleのMFi認証も取得済みです。

ケーブルはしっかりと保護されているため厳しい使用環境下でも断線することはまずない!と言い切れるほどに頑丈なケーブルです。

Snugg社のLightningケーブルをAmazonで見る

mazonベーシックハイクオリティー ライトニングUSB充電ケーブル

Amazonがオリジナルで販売しているAmazonベーシックブランドをご存知でしょうか。

高品質ながら低価格を実現し、全体的に好評価を集めるAmazonベーシックですが、Lightningケーブルの取り扱いもあります。

必要な機能をしっかりと満たしながら1,000円以下という、言うことなしのケーブルです。長く使っても断線しない頑丈さには定評があります。

長さは0.9m、1.8m、3.0mから選ぶことができます。お買い得な価格なので全ての長さを揃えておいてもいいですね。

AmazonベーシックのLightningケーブルをAmazonで見る

まとめ

今までケーブルは安物で済ませていた人も多いはず。でも実は一口にケーブルといっても色々な種類があることは今回学ぶことができました。

安いものを何度も買い換えるよりかは、性能が保証された良質なケーブル1本を買っておくほうが長い目で見たらお得になることもあり、何より安心感がありますよね。

これを機にお手持ちのケーブルの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*