Macの画像編集に使えるおすすめ厳選app

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログに投稿したり友達に写真を送るときに画像を加工したい時ってありますよね。

MacはWindowsに比べると画像編集や動画編集など画、音楽、音声などの編集に強いといわれています。

それも使えば使うほど馴染んでくるMacの操作性だったりappの優秀さのおかげなのですが、今回はMacで画像編集する際に使えるおすすめappを紹介したいと思います。

 

よく知られているappもあればそうでないものもあり、これから画像編集したいと考えている人やすでに編集をしているけど使いやすいAppを探している人など、色々な人の参考になれば幸いです。

 

画像編集におすすめ!Mac Appたち!

無料と有料のものが一緒になっていますが、もちろんどれも機能はお墨付きなものばかり。

気になるものはどんどん試して自分が使いやすいappを見つけてください。

それではいってみましょう!

 

画像編集におすすめ:プレビュー.app

Macに標準でインストールされているプレビュー.appです。

jpegやpngを開くとこのプレビューappが起動して画像の閲覧ができるのでお馴染みですね。

実はこのapp、単なる閲覧目的だけに使うのは非常にもったいない!

サイズや色の変更はもちろんのこと、画像の切り抜きや簡単な図形の挿入、文字挿入など基本的な機能が一通り揃っていることはあまり知られていません。

 

複雑な編集は必要ない場合プレビュー.appの機能だけでも十分に使えるシーンもたくさんあります。

 

画像編集におすすめ:写真.app

これもまたMacに標準搭載されているappです。

これは先程のプレビュー.appとは違い、写真の簡単な現像が可能です。

現像というのは写真の色調を調整したり効果を追加したりするなど、撮影した写真に手を加えてよりキレイな状態に仕上げる作業のことをいいます。

 

ちなみに現像関連でいうと、LightLoomと呼ばれる専門ソフトが人気を集めていますが、今回はそれらの高価でメジャーな有料appは紹介していませんのでご了承下さい。

 

画像編集におすすめ:Pixelmator

こだわった文字を入れたり装飾を施したい、でもPhotoshopやイラストレーターのように高価なappを買うのは正直ためらってしまう・・・そんな人にぜひオススメしたいのが Pixelmatorと呼ばれるapp。

こちらは有料appではあるものの、お金を出して購入する以上機能はしっかりしているMac OS専用の高機能画像処理ソフトです。

基本的な編集機能に加え、修復、覆い焼き、チャンネルミキサーなど、Photoshopのような機能もあります。

画像にフィルターをかけて雰囲気を調整したり、豊富なブラシを使ってオリジナリティを演出したりできるなど、安価な割に高機能なことで知られているappです。

画像編集ソフトは星の数ほどありますが、コツは1つをとにかく使い倒すこと。

高機能がゆえに操作性が複雑なことが多く、ショートカットを覚えるなどして使い慣れてくると効率よく使いこなせるようになります。

Pixelmator: App Store

 

画像編集におすすめ:Monosnap

Monosnapは先ほどのPixelmatorのように複雑な画像処理までの必要はないけど、ちょっと文字を入れたい、矢印線を引きたい、枠線で囲みたいなどの簡易的な用途に向いたappです。

使える機能が制限されている代わりにシンプルなインターフェイスと使いやすさが特徴です。

出力はJpeg, Pngのどちらかを選択できます。

ブログ投稿などで画像の中に解説文や注釈を入れたい時などに役立つappですね。

Monosnap: App Store

 

画像の圧縮におすすめ!Mac Appたち!

ここからは画質が劣化することなく画像の容量を減らすことができるappを紹介します。

画像の圧縮はWebページやブログを運営する人にとって非常に大切な要素ですよね。

1つ1つの容量が大きいとページの表示速度が遅くなり、離脱率が増加します。

また会社などでメールに画像を添付して送りたい場合も圧縮は大事です。

画像容量が大きすぎると送受信に時間がかかってしまったり、メール設定によっては受信できないこともあります。

ここで紹介するappをうまく使い、圧縮マスターを目指しましょう!

 

画像を圧縮:JPEGmini

JPEGminiはその名の通りJpegの圧縮に特化したappです。

オンラインサービスとしても展開しているため、圧縮したい画像をアップロードするとWeb上で圧縮し、それをダウンロードして使います。オンライン版は無料で使うことができます。

一方でネット環境がない場所でも圧縮できるappも用意されています。

こちらは有料ですがオンライン同様に強力な圧縮機能を備えています。何よりオフラインでも使えるため飛行機内やネットを使えない環境で作業したい場合におすすめ。

人の目で見る限りほとんど見分けがつかないレベルで限界まで圧縮することができます。

画像にもよりますが、だいたい元の容量の6割〜7割ほど削れるイメージでしょうか。

大量の画像もまとめて処理できるのでおすすめです。

JPEGmini: App Store

画像を圧縮:Pngyu

続いてPngyu。

名前の通りPng専用の圧縮appです。

このappはJPEGminiと違いオフライン専用のappとなっており、ネット環境を気にすること無くどこでも使用可能です。

やはりこのappでも見た目にわかる劣化はほとんどない状態まで圧縮するのですが、使用する色の数を256色まで減らすことで大幅な圧縮を実現しています。

そのため画像によっては色の劣化が顕著な場合もあるためプロの写真家やクリエイターの方など、画質にこだわる人にとっては不向きかもしれません。

Pngyuの特徴として、この後に紹介するImageOptimと連携させることができる点があります。

クリック1つでPngyu→ImageOptimの連続圧縮ができるため、限界まで圧縮したい人におすすめの機能です。

 

画像を圧縮:ImageOptim

ImageOptimは今までの圧縮ソフトとは違いJpegとPngの両方に対応した圧縮appです。

このapp単体で使っても十分な圧縮機能がありますが、おすすめはJPEGminiもしくはPngyuで圧縮した後でさらにImageOptimを使い限界まで圧縮すること。

削れる容量はわずかかもしれませんが、ちりも積もれば山になるので長い目で見ると馬鹿にできません。

数%の圧縮は可能なので最後の仕上げとして使う感覚ですね。

しかしImageOptimはマシンパワーを非常に使うappです。そのためメモリが少ないMacbook Air(4GBとか)や、他のappを同時にたくさん起動して使っている場合などにImageOptimを使うと処理速度が低下することがあるので注意が必要です。

 

まとめ

Macのappは高機能なことに加え使いやすさが大きなポイントです。

ここで紹介したappも直感的に使えるものばかりで、高い作業効率を維持したまま編集可能です。

ぜひ使いやすさを体感してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*