Magic Keyboardのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃はBluetooth接続によりキーボードやマウスをワイヤレスで接続するのが主流になっています。

コードに悩まされることもなく、PC周りがスッキリするため、積極的に取り入れていきたいですね。

そんな時に使いたいワイヤレスキーボードの1つ「Magic Keyboard(マジックキーボード)」がAppleから販売されているのはご存知でしょうか?

AppleのPCといえば無駄のない洗練されたデザインが特徴的ですが、その例に漏れず、Magic Keyboardもスッキリとした取り扱いやすい仕上げになっています。

そこで今回はそんなMagic Keyboardを使う上でのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

 

Magic Keyboardの大きな特徴

Magic Keyboardは大きな特徴をひっさげて2015年10月に販売になりました。

従来のMagic Keyboardでは電池が使われており、電池がなくなると交換する手間があったり、電池の分だけMagic Keyboardの厚さがあったのです。

ところが新型になると内蔵バッテリーに切り替わったことで今までよりもスタイリッシュに、そしてそれぞれのキーの下にある改良されたシザー構造により、キーの安定性が向上したため、正確なタイピングが可能になりました。

Magic Keyboard – Apple

 

Magic Keyboardのメリットについて

ではまずMagic Keyboardのメリットから見ていくことにします。

 

【メリット1】スタイリッシュ

なんといっても見た目がとにかくかっこよく仕上がっています。

アルミのボディにそれぞれ独立した白いキー、そしてわずかながら傾斜が付いた本体。

正面から見ても真横からみてもクールなデザインはさすがAppleとしか言いようがありません。

特にこの傾斜はタイピングのしやすさにもつながっており、よりタッチタイピングに適したデザインに仕上がっています。

 

【メリット2】薄い

Magic Keyboardの一番高い部分でさえわずか1.09cmという薄さです。これであれば仮にMagic Keyboardを持ち運ぶためにカバンに入れても全く気にならない厚さです。

電源をOFFにしておけば途中でキーに触れて誤操作を引き起こすこともなく安心して入れておけますね。

 

【メリット3】軽い

Magic Keyboardの重さは230gしかありません。

こぶりなリンゴ1個と同じくらいの重さですね。

そのため持ち歩く時でも大した負担になりません。

 

【メリット4】配列と打鍵感がMacと同じ

普段からMacbook PCを使っている人がMagic Keyboardを使うとすれば、それはおそらくPCをiMacのようにして使うクラムシェルモードの時ではないかと思います。

そうなると気になるのが、使い慣れたキーボードとくらべてMagic Keyboardの打鍵感がどうなるのか、ということです。

特に普段から頻繁に文字入力をする必要がある人からすると、打鍵感に少しでも違和感があるとそれは作業効率の低下を意味することになります。

 

ところが安心してください、Magic Keyboardは従来のMacbook PCと同じ配列と打鍵感で使うことができます。

唯一異なるのはファンクションキーと矢印キーの違い(後述します)ですが、それ以外のキーについては全く違和感なく使用できます。

 

【メリット5】ファンクションキーが大きい

Macのキーボードと違うのはファンクションキーの大きさが異なることです。

Macbook PCだと横に細長いのが特徴のファンクションキーですが、Magic Keyboardの場合は普通のキーと同じ大きさがあります。

頻繁にファンクションキーを使う人にとってはタイピングしやすくなる要因になるのではないでしょうか。

 

【メリット6】バッテリーの持ちがいい

Magic Keyboardは一度充電すると約1ヶ月の間は無充電で使うことが出来ます。

充電方法はライトニングケーブルを挿しっぱなしにしておくだけ。夜のうちにでも接続しておけばあっという間に充電完了です。

 

【メリット7】配置が自由になる

無線の良さを最大限に活かし、Magic Keyboardを自分がタイピングしやすい最適の場所に置いて使うことができます。

イスに深く腰掛けている時、浅く腰掛けている時で自分にとってベストのタイピングポジションは変わります。

同じ姿勢で作業していると体が疲れてくるため体の向きを変えることもあると思いますが、その度にコードに邪魔されることなく自由にMagic Keyboardの配置を変えられるのは大きなメリットですね。

 

Magic Keyboardのデメリットについて

次にMagic Keyboardのデメリットを見ていきましょう。

 

【デメリット1】矢印キーが打ちづらい

従来のキーボードについていた矢印キーは上下左右すべて細長い形をしており、この形に慣れた人がほとんどだと思います。

ところがMagic Keyboardでは上下の矢印キーは横長のままで、左右の矢印キーが他のキーと同じ大きさになってしまいました。

実はこれ、Macbook 12インチや新型Macbook Proで新しく採用された矢印キーと同じです(Macbook Airは全て細長い矢印キーのままです)。

今まではキーに目を落とさず横長の矢印キーを頼りに指を滑らせて確認していた人もいるのではないでしょうか。

Magic Keyboardではそれができなくなり、タイピング効率が落ちたという人も少なくありません。

しかしこれは慣れの問題でもあり、今後Appleから販売されるキーボードの矢印は大きいサイズと小さいサイズが混ざったタイプに統一すると思われるため、今のうちから慣れておくのは得策ではないでしょうか。

 

【デメリット2】裏面のゴミやホコリが目立つ

Magic Keyboardを裏返してみるとキレイなガラス板で覆われていることがわかります。

しかし長く使っているとだんだんホコリや汚れが裏面に溜まり、掃除をしようと考えて裏返すとかなり汚れが目立ちます。

ガラスである以上、汚れが目立つのはある程度仕方がないことですが、気になる人もいるでしょう。

 

【デメリット3】高い

Apple製品にありがちなデメリットとして値段の高さがあります。

家電量販店で売られているBluetoothキーボードは数千円が相場ですが、Magic Keyboardは1万円を越えてしまいます。

上にあげたようなメリットを考慮して高いと捉えるか妥当と捉えるかは人によって様々です。

しかし値段だけで比べた場合、どうしても他の似たような商品よりも高額な値段が目立ってしまいますね。

 

まとめ

以上がMagic Keyboardのメリットとデメリットです。

タイピングのしやすさは全く文句はありませんが、高価なキーボードにお金を出せるかどうかはみなさんの価値観や使用頻度によって変わってきます。

スタイリッシュに快適にMagic Keyboardを使いたいと考えている人、そして持ち運びに困らない薄型で軽量なキーボードをお探しの人はぜひとも検討してみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*