【外付けSSD】高転送速度でストレスフリー!おすすめの5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HDDからSDDに乗り換える方が多くなっていますが、あなたもSSD購入を考えたことはありませんか?SSDは容量の割に高いと思われがちですが、読み書きの速度など、そのパフォーマンスを考えると、SSDを使用する価値は十分にあります。

 

特にPCをよく持ち運ぶという方は衝撃に強いSSDがおすすめ。大事なデータが入ったHDDが壊れてしまっては元も子もないですよね。この点、SSDは耐久性が優れているので信頼できます。

 

SSDは大容量モデルになると高額になってしまいますが、200~500GBモデルであれば、十分購入に踏み切れる範囲の価格です。この記事を読んでぜひ考慮してみてください。

 

転送速度が速い外付けSSD

ハードディスクドライブと比較して、読み込み時間が短く、更に衝撃にも強いというSSD(ソリッドステートドライブ)。平均的な外付けSSDだと、読み込みが約300MB/s、書き込みが約180MB/sほど。HDDよりもかなり読み書きが早いのでストレスなく作業ができます。

 

特に恩恵を受けるのはPCを起動する時。HDD搭載のPCに比べ起動が速いため、電源ボタンを押してからすぐ仕事に取り掛かれます

 

外付けSSDの価格推移

PCの高速化に対するニーズが高まっている中で、SSDの価格は近年高騰しています。例えば、TranscendのSSD「TS512GESD400K」を例にとって考えてみると、2016年の夏頃には30,000円ちょっとだったのに対し、今年の夏にはすでに50,000円以上に高騰しています。

 

パソコンに対する要求が高くなっている中、SSDの価格高騰はこれからも続くと考えられます。価格が更に高騰しないうちに購入しておくのが賢明かもしれません。

 

外付けSSDおすすめ3選

1. SAMSUNG外付けSSD250GB

USB-Cにも対応しているSAMSUNGの外付けSSDです。パスワード保護することができるので、セキュリティー面でも安心。最大読み書き速度が450MB/sで高速であることも評価すべきポイントの1つです。非常にコンパクトで持ち運びにも便利。手のひらサイズです。

 

2. エレコム外付けSSD120GB

エレコムから出ているSSD。外付けSSDでは珍しいカラーバリエーションがあるモデルです。女性でも持ち歩けるレッドも選べます。名刺サイズの大きさで、ポケットにもすっぽり入ってしまいます。USBメモリの容量がいつも足りないという方に一度乗り換えを考えてみて欲しいSSDです。

 

3. SanDisk 480GB Extreme 510

SanDiskのおしゃれなポータブルSSD。SSDはもともと衝撃に強くデータ紛失の可能性も低いストレージですが、このSSDは表面がラバー加工されており、キズがつきにくくなっているため、更に安心です。外で使用することを想定されたデザインで、IP55の防水性能も兼ね備えています。

 

【ニーズ別】おすすめのSSD

Macにおすすめの外付けSSD

Macに使用するのであれば、USB-C接続のSSDドライブがおすすめです。G-Technology 500GB G-DRIVE slim SSDは、Mac独自のバックアップシステム、Time Machineにも対応しており、大切なデータを保存しておくストレージとしても重宝します。

 

USBバスパワーになっており電源が不必要なので、どこにいてもPCをストレージに繋げることができます。非常にスリムで薄いデザインになっており、カバンにもすっぽり入ります。本体の表面仕上げはサテングレーの高級感がある質感。MacBookの本体色と絶妙にマッチしますよ。

 

また、従来のUSB Type-Aに変換できるケーブルも付属しているため、前モデルのMacにも使用することができます。

 

やっぱり1TBほしい!大容量外付けSSD

動画編集などでデータを大量に格納するためにはやはり大容量モデルが必要です。信頼できるストレージメーカーTranscendから出ている外付けSSDがおすすめです。高額になりますが、衝撃や振動にも強いため、たくさんのデータを持ち歩くのであれば必需品と言えるでしょう。

 

また上記のG-Technology 500GB G-DRIVE slim SSDも1TBモデルが選択できるので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

 

使い方いろいろ!外付けSSD

ゲーム用にも使える!格安外付けSSD

専らゲーム用にパソコンを使用するという方の場合は、ゲーム用に最適なSSDもあります。SanDisk SSD PLUSは240GBで10,000円を切る程のリーズナブルさで、コンパクトなためノートPCにもおすすめです。特にゲーム開始時のロードに時間がかかってストレスを感じるという場合はこの格安SSDに交換してみるのもおすすめです。

 

ただ、このSSDは接続方式がSATAになるので、ポータブルSSDとして利用する場合には、別途SATA-USB変換ケーブルを購入する必要があります。

 

PS4をストレスなく楽しむためにおすすめの外付けSSD

480GBで20,000円強というハイコストパフォーマンスモデルSSDがBUFFALOから出ています。驚くほどスリムで、ここまで薄くて良いのかと疑ってしまうほど。PS4にもしっかり対応しています。これでPS4のストレージ不足問題も解決しそうです。

 

Thunderboltでつなぎたい!外付けSSD

MacのThunderboltからSSDを使用したい場合もありますよね。Thunderboltは転送速度も早く、SSDの能力を最大限発揮する事ができます。この点、TranscendのThunderbolt対応SSDは非常におすすめです。静かで早く、MacBook、Mac miniなどにもちゃんと使えます。

 

比較表

 

メーカー 型番 容量 接続方法 重量 価格帯 特徴
ELECOM ESD-EA0120GBK 120GB USB3.0 35g 8,000円前後 手のひらサイズで軽量
SanDisk

 

SDSSDEXTW-480G-J25 480GB USB 3.0、USB2.0 100g 30,000円〜 防水・防塵
Transcend

 

TS1TESD400K 1TB USB3.0 54g 70,000円〜

 

大容量モデル選択可
SanDisk

 

SDSSDA-240G-J26 240GB SATA 36g 10,000円前後 内蔵型
G-Technology

 

0G05284 500GB USB-C 104.33g

 

25,000円〜30,000円 MacOSでTimeMachine対応
SAMSUNG MU-PT250B/IT 250GB USB 3.1 Type-C(変換可) 50g 20,000前後 コンパクトサイズ
BUFFALO SSD-PUS480U3-B 480GB USB3.1(Gen2/Gen1)/3.0/2.0 100g 20,000円〜25,000円 カラーバリエーション(シルバー/ブラック)
Transcend TS256GSJM500 256GB

 

Thunderbolt対応 USB3.0/2.0

 

136g 30,000円前後 Thunderbolt対応

 

まとめ

最近では4K動画がスマホで撮れるようになったり、動画クオリティもアップしていますが、バックアップをとるためには、ストレージの容量も考慮しなければなりません。この点、SSDは高速で読み書きができるため、HDDよりも人気があります。

 

価格は多少高騰しているものの、乗り換えるならその効果を実感できるでしょう。仕事効率も向上しますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*