ノートパソコンって、どうやって掃除すればいい?基本的なクリーニングの仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートパソコンは使い勝手が良いものですが、分解して掃除ができないところが難点でもあります。タッチパネル式のものも多くなり、液晶部分の汚れも気になってしまうものですね。ノートパソコンのお手入れをする時の注意点について見ていきましょう。

掃除の前の基本的な準備作業

パソコンを掃除する時には、必ずシャットダウンをしてACアダプタを抜いておきましょう。取り外せるようならバッテリーも取り外しておくほうが無難です。水拭きなどをしている最中にパソコンの電源にうっかり触れてしまうと、ショートを引き起こしてしまう原因にもなりかねないものです。したがって、掃除の前にこれらの準備を整えておきましょう。

キーのゴミを除去していく

ノートパソコンの掃除をするといっても、基本的には分解をして掃除することはできません。無理に分解すると、破損の原因となってしまうので避けましょう。キーの掃除には「エアダスター」を使うのが便利です。エアダスターはガスの噴射によって細部のホコリを吹き飛ばすのに向いており、効率的にキーの掃除ができます。
どのエアダスターでもかまいませんが、ノンフロンのものを選んでみましょう。エアダスターを使う時の注意点は、連続して使用をすると圧力が低下してしまうので、間隔を空けてシュッと吹きかけるようにするといいです。寒い時期にはエアーの温度が低いと圧力が下がってしまうので、暖房のきいた部屋などで温めてから使用するようにしてみてください。

ディスプレイ部分の掃除は「メガネクリーナー」がおすすめ!

液晶の汚れはウェットティッシュで吹いてしまうと水シミなどができてしまって、なお汚れが目立ってしまいます。「液晶用」と謳われていても、水シミができる製品が多いです。
そこでおすすめしたいのがメガネクリーナーです。手垢やホコリの除去力が良く、キレイに汚れを落としていくことができます。

本体部分の掃除

パソコン本体はウェットティッシュや固く絞ったタオルなどで吹いていきましょう。内部のCPUファンに溜まったホコリは、ノートパソコンのフタを空けてから取り除かなければいけません。しかし、エアダスターを吸気口から挿入して噴射をすることによって、一気にホコリを吹き飛ばすことができます。どうしてもホコリが舞ってしまうので、屋外などで作業をするといいでしょう。

コネクタ部分の掃除

アダプタやUSB接続端子の掃除をすると、通電性も良くなって読み取りのエラーも少なくなります。接点回復剤とベビー用の綿棒を使うと、簡単に手入れをすることができます。
綿棒に接点回復剤を吹きかけ、コネクタ部分を綿棒でこすって汚れを落としていきます。接点回復剤は腐食して接触が悪くなってしまった端子も、接触度を回復してくれる点で優れているのです。

水拭きで落ちない時には「中性洗剤」を使う

パソコン本体の汚れがなかなか落ちない時には中性洗剤を使ってみてもいいでしょう。台所用洗剤は中性のものが多いので、手軽に試すことができます。水性と油性の両方の汚れを落とせる点が優れているのです。原液をそのまま使ってしまわずに、十分な量の水で薄めてから使うようにしてください。
また、ドラッグストアなどで売っているエタノールも効果的です。揮発性があるため、水気を嫌うパソコンには向いています。エタノールの場合は薄めて使ってしまうと揮発性が弱まってしまうので、布に軽く吹きかけて使ってください。また、エタノールは発火性があるので火気厳禁です。アルカリ性・酸性の洗剤は使わないようにしましょう。
 

こまめに掃除をすることは、パソコンの寿命を延ばすことにつながる

ノートパソコンの寿命は平均して4~5年だと言われています。さまざまな部品によって構成されているノートパソコンですが、中でもハードディスクドライブ(HDD)の寿命は4~5年といわれています。ハードディスクは人間で例えるなら、「脳」にあたる部分でありとても重要なパーツなのです。ただ、最も使う部分であり、いったん壊れてしまうと修理が難しいのも特徴です。したがって、ハードディスクドライブの寿命がパソコンの寿命と考えても差し支えがないでしょう。他のパーツは、バッテリー・CPUファン・メモリ・モニタの順に壊れやすいと言われています。
普段の手入れではホコリの溜まりやすいCPUファンなどをこまめに掃除しておくといいでしょう。ファンにホコリが溜まってしまうと、パソコン内部の温度調整がうまくいかずに、熱がこもってしまう原因になってしまいます。またホコリが多くなることで静電気が発生しやすくなり、ショートや破損の原因にもなってしまうのです。掃除をする習慣を身につければ、それほど手間というわけでもないのでこまめに掃除をして、パソコンの寿命を少しでも延ばすようにしてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*