規則正しい生活におすすめなiPhoneアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日バランスの取れた規則正しい生活を送りたいと感じる人が増えています。

しかしそうはいっても一体どうすればいいのかさっぱり検討が付かない人も多いハズ。

そこで今回は身近な存在のスマートフォン(ここではiPhoneを使います)を使い、自分の生活をしっかり管理することができるアプリを紹介したいと思います。

 

生活管理のおすすめアプリ(iPhone用)

それではオススメアプリの紹介です。

頻繁に耳にするものからそうでないものまで登場しますよ。

 

時計(iPhone純正アプリ)

iPhoneに標準的に搭載されている時計アプリです。

このアプリは純粋な時計の機能だけではなく、ストップウォッチやタイマーとして使えるほか、目覚まし時計用のアラームも設定することが出来ます。

時計アプリのオススメ機能が2つあります。

 

タイマー機能

人間が1つの作業に集中できる時間は大体30分〜50分といわれています。タイマーを使ってお好みで30分〜50分に設定し、作業に割り当てる時間を決めてしまいます。時間が制限されていると思うと人は不思議と集中力が増します。

アラーム機能

目覚まし時計代わりにオススメです。1分ごとに細かく時間を設定したり繰り返しやスヌーズ機能も使えます。

自分の好きな音源をアラームとして鳴らすこともできるのでお気に入りの音楽で快適に目覚めることもできます。

 

メモ帳(iPhone純正アプリ)

こちらもiPhoneに標準搭載されているメモアプリです。

日々の生活の中で気になったことを次々記録していきましょう。

iPhoneのメモ帳はタイトルを変更すれば何十種類も項目を作成できるため、プライベート用と仕事用のメモを分けたり、提出用のレポートの下書きを作成したりなど、その用途は多岐にわたります。

 

Due

リマインダーアプリとして有名なDueです。

このアプリの特徴はとにかくしつこいリマインダー機能です。

設定した時間になるとアラームが鳴り響き、完了ボタンを押すまで定期的にアラームが鳴り続けます。そのため行動し忘れが少なく、ToDoリストを効率よくこなしていくことができます。

iCloud同期の機能もあるため、仮にiPhoneの端末が変わってもDueアプリさえインストールすれば入力した項目もあっという間に同期を取ることができる優れもの。

先の予定もDueがあればバッチリ管理することができますね。

 

Evernote

ご存知のEvernoteです。

画像、メモ、PDF、動画、音楽などありとあらゆるファイルを保存することができます。

Evernoteのメリットはなんといっても優れた検索機能にあります。

検索しやすいようにキーワードや単語を一緒に書いておくことであっという間にお目当てのファイルに辿り着くことができます。

Evernote単体で使ってもいいのですが、最近は優秀なサードパーティアプリも豊富なため、自分に合った使い方を模索してみましょう。

 

Misfit

このアプリは単体で使用するものではなく、ウェアラブル活動量計の『Misfit / Misfit Shine2』のデータを蓄積するために使用します。

腕時計やペンダントのように身に着けておくだけで自動的に活動量や歩数、さらには睡眠時間を分単位で計測してくれる優れもののウェアラブル端末のMisfit / Misfit Shine2。

1日の活動量の目安を設定してランプの点滅で目標値まで運動しているかひと目で分かる仕組みが嬉しいですね。

アプリのデータを見ながら日々運動する習慣を身につければ健康的な体を手に入れることができますね。

 

Moca

無料のカレンダーアプリです。

iPhoneにも純正のカレンダーアプリがインストールされていますが、あれよりも視覚的に見やすくなったのがMocaです。

このアプリは延々とカレンダーをスクロールすることができます。

一般的なカレンダーアプリでは月を切り替える時に矢印ボタンを押したり月を手入力することが多いですが、Mocaはスクロールさせるだけで次々とカレンダーがめくられます。

これが実はかなり便利!

急いで予定を確認したい時や、全体をザッと見渡したい時にスクロールさせると効率よく確認できます。

 

Momentum

Momentumは毎日習慣にしたい出来事をちゃんとクリアしたかどうかを視覚的にチェックできるアプリです。

例えば1日2ページ読書するという目標を設定し、ちゃんと読書できた日にチェックを入れ、目標達成できなかった日は Fail(失敗)とし、自分で決めた習慣がしっかり実行できているかが一目でわかります。

このアプリのいいところはiCloudでデータを同期できるところ。

iPhoneだけでなくMac PCやiPadでMomentumのアプリをインストールして同じiCloudアカウントでログインすると全ての端末で最新の状態にデータが自動アップデートします。

読書、ジョギング、英会話の練習、英単語を5個覚える、資格勉強をすすめるなど、毎日継続したい出来事を登録しておけば目標が可視化でき、Momentumをますます効果的に使うことができるでしょう。

 

Twitter

知らない人はいないんじゃないかと思う程に有名なTwitterです。

Twitterのかしこい使い方は誰でも彼でもフォローするのではなく、この人のつぶやきは自分にとってメリットがあると感じる人だけに絞るようにしましょう。

Twitterは世界中をリアルタイムでつなぐ掲示板のようなもの。そのためニュースサイトよりも早い現場の生の情報が最も早く伝わる媒体です。

情報は鮮度が命。価値ある情報を取捨選択する練習にもTwitterは最適なアプリといえるでしょう。

 

Zaim

お小遣い管理アプリの定番『Zaim』です。

買い物したらすぐにZaimを起動するクセをつけましょう。

正直毎回入力するのは手間に感じることもありますが、そういうことでも習慣として身につけることができればその1つ1つが自分を管理する礎になるものと考えておきましょう。

 

ZaimはWebからログインすることでPCからも閲覧、編集することができます。

過去データはオンラインでも閲覧可能のため、自分の浪費癖や貯金残高の管理などにぜひ役立ててください。

 

まとめ

時計アプリで早起きし、目覚めた時の気持ちをメモアプリに書き留め、Mocaを使ってその日のスケジュールを確認します。

Misfitアプリで運動量がすぐにわかるので、再びメモアプリで気持ちを残します。

Dueで日課の英会話の時間だと気付き、Evernoteに英会話練習風景の音声を上げておきます。

Momentumにチェックを入れつつ、Twitterで仕入れた情報をもとにお気に入りの雑貨屋で買い物。買ったものはEvernoteに記録し、使ったお金はZaimでばっちり管理します。

 

いかがでしょう、毎日の生活はアプリとともにあることがよくわかりますね。

しっかりと目標を決め、毎日の行動を管理下におくことで生活は一変します。

これらのアプリを生活に取り入れ、規則正しい毎日を送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*