Mac PCをクラムシェルモードで使うための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac PCを選ぶとき、場所を取るからという理由でノート型を選ぶ人は多いと思います。

iMacはデスクトップ型で、大きなディスプレイは作業効率のアップが期待できる一方、持ち出すことはおろか気軽に配置換えも難しいですよね。

 

作業要領は広く取りたいけどiMacは置きたくない。

そんな贅沢なあなたはぜひMacbook PCをクラムシェルモードで使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

 

この方法を使えば家の中ではまるでデスクトップ型のように大きなディスプレイで作業でき、外に持ち運びたいときはケーブルなど周辺機器を外してしまえばスリムでコンパクトなノート型PCに早変わりという一粒で二度おいしいMacを体験できます。

 

今回はそんなクラムシェルモードの使い方とおすすめする理由をご紹介します。

 

クラムシェルモードの基本

Macbook PCで使えるクラムシェルモードとは、Macbook Air, Macbook, Macbook Proのノート型PCに外付けディスプレイを接続し、基本的にPCは蓋を閉じ、ディスプレイの大画面一つで操作するモードのことをいいます。

ちなみにクラムシェルというのは貝殻のこと。

Macを閉じた状態がまるで閉じた貝殻に見えることからそう呼ばれています。

 

クラムシェルモードを使う

クラムシェルモードを使うためには次の条件を満たす必要があります。

・電源につながっていること

・外付けキーボードおよびマウス(トラックパッド)が接続されていること

・外部ディスプレイとつながっていること

・ノートPCの蓋を閉じていること

 

キーボードとマウス(トラックパッド)をBluetooth接続する場合は、システム環境設定のBluetoothから詳細設定の中にある「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」にチェックを入れておく必要があります。

 

クラムシェルモードのメリット

あまり聞きなれないかもしれないクラムシェルモードですが、実は色々とメリット、デメリットが存在しています。

実際にやってみようという方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

メリット1: 大きな画面を使えるので目が疲れにくい

小さいノートPCの画面より大型なディスプレイを使うため、視認性が高く、同じ作業をしていても目が疲れにくいメリットがあります。

外付けディスプレイは高さ調整も可能なため、視線の高さに合わせることで姿勢が良くなり、肩こり防止にも役立ちますね。

 

メリット2: 1つのディスプレイで負担を抑える

Mac PCではわざわざ蓋を閉じてクラムシェルモードで使わなくても、PC本体と外付けディスプレイのマルチディスプレイで作業することもできます。

人によってはディスプレイは2枚、3枚など複数ある方が作業しやすいという声もありますが、そうするとどうしてもディスプレイ間で視線を移動させる必要が生じます。

 

短い作業時間であれば気になりませんが、長時間PCを使っていると視線移動による目の疲れや首の痛みを誘発する恐れがあります。

そのためクラムシェルモードで作業ディスプレイを1つに集約して極力視線を固定することで目、首、肩への負担を最小限に抑えることが出来ます。

 

このため、使用するディスプレイは出来るだけ大きい方が効率アップにつながるということです。

 

メリット3: 作業スペースを広く使える

クラムシェルモードを使っているときにMac PCの蓋は閉じる必要があります。

蓋を閉じたMac PCは立てておくことが可能なため、今までPCが占有していたスペース分を広く使うことが出来ます。

 

縦置き専用のスタンドもたくさん販売されています。

100均などで売られているまな板スタンドでも代用できますが、おしゃれに決めたい人はぜひ専用スタンドを検討してみてください。

クラムシェル アルミ MacBook/iPad/laptop/タブレット適用

 

クラムシェルモードのデメリット

次にクラムシェルモードのデメリットを見ていきましょう。

メリットとデメリットの両方をしっかり比べて検討してくださいね。

 

デメリット1: 外付けのキーボードとマウス(もしくはトラックパッド)を買う必要がある

PC本体は蓋を閉じて使うため、基本的な操作はBluetoothで無線接続するキーボードとマウス(トラックパッド)、もしくは有線接続できるものが必要になり、それらを別途購入しなくてはいけません。

 

例えば作業環境をスッキリとスタイリッシュに使いたいなら、Appleが販売しているMagic KeyboardとMagic Trackpad2で揃えたいところです。

ただし合計で2万円以上のコストがかかるため気軽に購入とはいかないかもしれません。

 

デメリット2:PCが熱を持ちやすくなる

蓋を閉じたPCは熱を持ちやすくなります。

クラムシェルモードで長時間作業をしたり、マシンパワーを使う重たい作業をしていると高い可能性で本体が熱くなります。

古いPCを使っていると放熱精度が低いこともあり、場合によっては触れるのもためらわれるほどに熱くなることも。

 

精密機械にとって熱は避けなければいけない大敵ですが、蓋を閉じて通気性が低下するためどうしようもありません。

 

熱による一時的なパファーマンスの低下であれば、しばらく冷ませば元に戻りますが、それによるパーツへのダメージにまで発展してしまうと修理の必要が生じてしまいます。

 

どうしても気になる人はファン付きのプレートなどをPC下に敷いての対策が考えられますが、根本的な解決とはいきません。

 

デメリット3:アンテナの感度が悪くなる

PCの蓋を閉じるとBluetoothやWiFiアンテナが塞がれてしまって感度が悪くなると言われています。

ネット接続が途中でプツプツ切断されたりすると、とても作業どころではありませんよね。

Macbook PCは全面アルミを採用しているため電波を遮断することから起きる現象です。

 

実はデメリットもミラーリングモードで解決出来る

これらの熱問題とWiFiアンテナ問題を解消するためにはPCを蓋を開けて中が見えるようにする必要があります。

しかしそれだとクラムシェルモードが解除されてしまいます。

いったいどうすればいいのか、その解消のコツはミラーリングモードにあります。

 

ミラーリングモードとはMac PC のディスプレイと外付けディスプレイに全く同じデスクトップを表示する機能のことです。

欠点としては、外付けディスプレイとPCを並べて使うと同じ画面が両方で表示され、視界の端でチラチラするため気になってしまうことでしょうか。

そのためケーブルの長さに余裕があれば脇の方にPCを置き、キーボードとマウス(トラックパッド)を接続すれば立派な作業環境の出来上がりです。

 

まとめ

Macのクラムシェルモードは実は意外と知られていない使い方の1つです。

大きなディスプレイ1つに作業領域をまとめて効率よく仕事をしたい人にはぜひともオススメしたい使い方ですね。

 

多少の初期投資が必要になるかもしれませんが、だいが一度はこの快適さを体験していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*