Mamorioは失くし物防止の強い味方!具体的な使い方を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはよく物を無くすことはありませんか?

カバンの中に入れていた財布が見当たらない、鍵が見当たらない、手帳を持ってははずなのにどこにいったかわからない、等。

このように物を無くしてしまうとそれを見つける時間が必要なことに加え、もし見つからなかった時のダメージが大きすぎますよね。

そのような「なくすを、なくす」をコンセプトに発売されたのがMamorio(マモリオ)です。

これをそっと財布にしのばせておくだけで、財布を置き忘れた時に自動的にスマートフォンに通知が来て教えてくれるという便利な商品なんです。

Mamorioがあれば失くし物から完全にサヨナラできるでしょう!

 

Mamorioの特徴

MamorioにはBluetoothが内蔵されています。

そのため購入したMamorioとスマートフォンをあらかじめペアリングしておくことにより、Mamorioとスマートフォンが約20m〜30m離れるとプッシュ通知により失くし物として連絡がくる仕組みになっています。

それと同時に位置情報も記録するため、アプリから最後に無くした場所の確認もできるので確実に見つけることができます。

そのため普段から持ち歩く家の鍵や財布、手帳、その他にも無くしたら困るものに取り付けておくだけでまさに「なくす、をなくす」を実現できてしまうというわけです。

Mamorio公式サイト

薄くて軽量

Mamorioは小さいネームタグのような形をしています。

縦35.5mm×横19.0mm×厚さ3.4mm、重さはわずか3gという超軽量のデバイスため、鍵につけたり財布に入れても邪魔になることはありません。

電池は1年

Mamorioは内部に内蔵された電池で動いています。

寿命は約1年で、電池が切れてしまうと自分で交換することができません。

そのため再度新しいMamorioを購入するか、Mamorio社が提供しているOTAKIAGEプランを利用してお得に電池交換することも可能です。

 

OTAKIAGEプランとはお焚きあげから来ています。

お寺や神社で行われるお焚き上げでは、仏壇や仏具、神棚などが処分されます。

一度は魂を込めたものについて、燃やすことによってその力を浄化する目的で行われます。

OTAKIAGEプランはそれをなぞり、電池が消耗したMamorioの電池交換をするプログラムのこと。

無料とはいきませんが製品価格の半値で交換できます。

最初のペアリングから半年すると専用アプリ内にOTAKIAGEフォームが出現するので、そこを通じて申し込むことで新品のMamorioを半値で申し込むことができ、電池が切れてしまったMamorioは返信用封筒でMamorio社に送り返すという仕組み。

 

日本独自の文化を取り入れたオリジナリティあふれるプランです。

本音をいうと自分で電池交換ができれば一番スムースなんですけどね。

OTAKIAGEに関する質問・問い合わせ

豊富なカラーリング

Mamorioには黒、赤、青、黄、白の5種類のカラーリングがあります。

どの色もハッキリした色調のため取り付ける物に合わせて色を選ぶ必要があります。

一番多く売れているのは黒です。

Mamorioの使い方

Mamorioを使うためにはまず最初にスマートフォンにMamorio専用アプリをインストールしてMamorioとペアリングする必要があります(アプリはiOS、Android両方に対応しています)。

ペアリングが終了したらあとはMamorioを任意の物に取り付けるだけ。

紐を通してMamorio本体を鍵に取り付けたり、手帳のポケットに忍び込ませておけばOKです。

あとはスマートフォンの設定で通知をONにしておくと、Mamorioとスマートフォンの位置が20m〜30mほど離れた所で通知が来ます。

通知と同時に位置情報も記録されるため、後で場所を見返した時でも安心して探しにいくことができますね。

 

みんなで失くし物を探そう

Mamorioは自分が無くしたものを探す機能に加え、他人が無くしたものも探すことができます。

例えばMamorioを取り付けた物を無くしてしまったとします。

スマートフォンに通知が来てその場所に取りに行きますが、誰かが持ち去ったり何らかの原因で位置が正確に取得できておらず指定された場所に物がない場合が想定されます。

そんな時に専用アプリから「みんなで探す」機能をONにします。

「みんなで探す」とはクラウドトラッキング機能と呼ばれるもの。これをONにするとサーバーの設定が変わり、他のユーザーが近くを通った際にその位置と時刻が通知される仕組みです。

クラウドトラッキングはすべてバックグラウンドで動作するため、他のユーザーに位置情報が伝わることはなく、安心して使うことができます。

 

ということはひょっとすると自分が持っているMamorioも他の人の失くし物を見つけ出すために一役買っていることもあるということですね。

そう考えるとなんとも未来チックなこの機能がますます魅力的に思えてくるかもしれません。

みんなで探す機能について

 

Mamorioの不満点

商品コンセプトは素晴らしいけど、実際にちゃんと使えるのかどうか、色々な声を集めてみました。

 

・通知は来るけど、その場所にいっても正確な場所がピンポイントでわからないのが残念。

・30m以上離れたけど通知が来なかった(プッシュ通知ONの状態で)。

・防水性を高めるため製品をしっかり接着しており電池交換はできない、とあるが、財布やカバンの中で使うことを想定したらまず水に濡れる機会はない。防水性よりも自分で電池交換できるようにしてほしい。

・部屋の中で無くしてもGPSがついてないため部屋の具体的にどのあたりにあるのか正しい位置がわからずあまり意味がないかも。

 

などなど、大まかにわけると正確な位置情報と電池交換に関する声が多く挙がっています。

公称では電池は1年の寿命ということですが、人によっては数ヶ月で電池切れになってしまった人もいるようです。

使う環境にもよりますが、もしその情報が本当であれば例えOTAKIAGEプログラムを利用して半値で新しい物を購入できるとしても相当な出費になるのは間違いありません。

もし自分で電池交換が可能であればコンビニなどで数百円で買えるボタン電池を利用すればいいだけの話です。

 

あとは位置情報の問題ですが、これもやはり早期対策が望まれる部分です。

ざっくりとした場所はわかっても、例えば引き出しの中とか半径2m以内など、より正確な位置情報がつかめるように改良できればさらにいいサービスに仕上がることが期待されます。

 

まとめ

今後はますますのサービス拡大と改良が期待できるMamorio。

お手頃な価格ということもあり、人にあげるプレゼントや参加賞などで配られることがよくあります。

ちょっと未来を先取りしたようなお得な感じと今後ますます期待できる実用性を複合的に考え、一度ぜひ手にとって確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*